2009年07月31日

やられた〜〜〜!

昨日は、申し訳なく悲惨な一日でした。

いや、ほとんどは順調だったんです。あることをのぞいては・・・。

それは、夕方のこと。。。、いつものように、子供たちが集って今日のおやつのカールを食べていました。

その時、まだ2才の三男が、まだたくさんカールが入っている袋をバサーーーー!!!

床には、カレー色のカールが散乱!!

「ぎゃ〜〜〜っ!!」と、叫びながらも、しょうがない・・・と、カールをひろう私。

処分しようとする私に、泣き叫びながらひろったカールをもとめる声。

やれやれしょうがない・・・とひろったカールのほこりを、気持ちはらって与え、床掃除をして見守る私。

しばらくしてこんどは、コップにいれた豆乳を椅子と床にどぼどぼ・・・。

またもや、「ぎゃ〜〜〜っ!!なにやってんの〜〜〜!!」とさけびつつ、拭いてもふいても、なかなかふき取れない豆乳をぬぐっての床掃除・・・。

やれやれ・・・、とぞうきんをしぼって、洗っている最中にまたもや、足りなくなったので、しかたなく子供たちのために開けたふた袋目のカールが床に、どば〜〜〜っ!!

こんなところに置いた自分が悪いんだと、内心思いながらも、「なにやっってるの〜〜〜!!」と、三男をしかる私。

またもや、床をふきながら、こんどは牛乳をこぼされ、また床掃除。
いすに敷いた座布団は、洗濯かごへ。

「もう、いいかげんやめてくれ〜〜!!!」と、叫びつ、そうじを終えて、夕飯をつくって、食べさせ、おふろも入れてやっとひと段落したところに、今度は風呂上りでまだおむつをはかずに、裸でうろうろしていた三男が、玄関のマットにおしっこをじょぼじょぼ・・・。

もう泣き!!って感じで、半ば理性を失いながら、おしっこをトイレットペーパーでふき、マットは洗濯するために風呂場によけ、とりあえずかたずけて、三男を見ると、ちょっと悲しそうな顔をしてたので、かわいそうになって、しばし理性をとりもどす私。

子供はわざとやっているのではないのに、感情的になって怒ってしまったこと、どんな時でも感謝の気持ちを忘れちゃいけないことを思い出して、「かんしゃ〜〜!!」とむりやり叫びつ心情転換。

いろいろあって大変だったけど、おかげで床はピカピカ。ぴかぴか(新しい)
しょげてた子供もけろっとした顔で遊んでいて、結局、自分の心の器を拡げるために、神が与えたちょっとした試練だったのかなあ・・・、と思いました。

どんな時も、笑って受け止めて下さる、真の父母様の心情にはほどほど遠い、申し訳ない限りの、足りない親のぽぽこでございました。

息子たち、ごめんね〜〜〜!!

愛してるよ〜〜〜!!

サランヘヨ〜〜〜揺れるハート揺れるハート揺れるハート



父母の心情、僕の体。

神様ありがとう〜〜〜!!




posted by ぽぽこ at 01:05| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。