2009年11月13日

怪談レストラン

子供たちが今週から「怪談レストラン」というアニメを見始めた。
こわそうだからやめればいいのに・・・、と思いつつも、子供達は長男を中心に熱心に見ている。

放送の次の朝には、パソコンで、動画検索まで親にさせながら、放映済みのものまで、ずっと見ている。

あまりホラー物は好きではないし、恐怖心を持つのはどうかとも思うので、幼い子供にはみせたくないのだが・・・。

しかし、この原作が松谷みよこさんという児童文学の作家さん。
幼い頃、この方の書いた「ちいさいももちゃん」をよく読んだ。

「ももちゃん」と「怪談レストラン」

どうも結びつかないのだが、確かにこの人の原作らしい。

子供を怖がらせるためのもの、というよりも、見えないものに対する畏敬の念を持たせるためのものなのかな・・・?

どんな展開になるかはまだわからないが、しばらく見守っていきたいと思う。






松谷みよこホームページ
http://matsutani-miyoko.net/index.php?id=10
posted by ぽぽこ at 05:22| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月08日

矛盾。

明日のおでかけのための買い物がまだできてなかったので、夜遅くなって子供達に、

「ママは買い物いってくるけど、自分たちはねててね〜〜〜」

と、言って、ひとり家をでた。夜10時前。

子供達が食べたくなるであろうおかしや、食材をあれこれ買って、10時半すぎに家にもどって来た。

部屋はまっくら。

しかし、いつも私がいないと寝られないから、暗闇のなかでも起きているだろう・・・、とそうっっと寝床のドアをあけた。



------3人が、完璧に寝ている----。



私なしで、

長男ぴぴおは、ひとりで、

次男のぷぷおはぺぺおをあやすか、抱きかかえるようにして、すやすやと・・・。



子供達だけで、

電気も全部消して、

お行儀よく布団の中にはいって・・・。



私のいったとおり、完璧にできていて、すばらしいっっ!!!



うれしいはずなのに、あまりの反応のなさに、なんだか寂しい。
いままで感じたことのなかった、変な気持ち・・・。


夜おそく帰ってきて、子供達を起こして遊んで、ひんしゅくを買うおとうさんの話をよく聞くけれど、その気持ちがちょっとわかる気がした。


子供達起きてよ・・・。


子供達の寝顔を見ながら、そのままそうっっと、部屋の扉をしめた・・・。



起きているときは、あんなにうるさくて、うっとうしくも感じるのにね!


この矛盾。


もっと大きくなると、手がかからなくなって、さびしくなっちゃうのかな・・・。


いまのうちに、いっぱい交流しとこうねっっ!!!
思春期になっても、こころは離れないように・・・。



いつか振り返って、あの頃がよかった・・・、なんて、いうんでしょうね、きっと、たぶん・・・。

__________________________________


むかし、よく聞いてた曲を、贈ります。





たずねてきてくださったみなさん、サランヘヨ〜〜〜揺れるハート揺れるハート
あいしていま〜〜〜す!!!
タグ:子供
posted by ぽぽこ at 02:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月07日

魔の2歳健在ですっっ!!

今日もやってくれました、ぺぺおくん。

どこからだっけ・・・?

そうそう、遅めの夕ご飯をたべおわる頃に、みそ汁がTシャツにこぼれてしまったので、「ぬぐ〜〜〜」といって、おもむろにTシャツをぬぎだした。
「ズボンも〜〜〜」といって、ほとんどみそ汁はかかってないズボンもぬいだ。

私はまだ夕飯をたべはじめたころ・・・。

そしてついにオムツもぬいでしまった。

まだお風呂に入れる状態でもないのに、ひとりだけすっぽんぽん。

今日は遅くなったから、お風呂はなしにしとこうか、と思っていたのに・・。

でも、みそ汁がかかったせいか、胸元のお肌も赤くなってきてるし、しょうがない、お風呂を沸かそう・・・。

でも、ちょっと私も食事をして、食卓をかたずけてから・・・。

なんてやっている間に、長男ぴぴおが、ぺぺおになんかされて怒っている。

「ぺぺおなんかだいっきらい!!」

何度かこんなことを言われてしまっているぺぺおくん。

「おにいちゃんにごめんなさいってあやまりなさい。」

と私がいうと、眉間にまゆをよせながら、ごめんなさいのポーズ。

しかしおにいちゃんは許してくれない・・・。

次男ぷぷおの肩に手をかけて、いっしょにあやまって、とうながすぺぺお。

まあ、そんなやりとりの最中も、ぺぺおくんははだかのまま。

なにげなく見ながら、なんとなくいやな予感がしたと思ったら・・・、次の瞬間、じょぼじょぼ・・・。

部屋のまんなかの敷物に、やられてしまった・・・。また・・・。



しかし、今日の私は寛容だった。



ぺぺおくんのそそうを、笑って受け止め、すばやくぬれたところをティッシュでふき取り、長男と次男に掛け声をかけ、すばやく敷物を床からはずして、部分洗い&洗濯機へGO!!

そして、洗濯機をまわしたついでにお風呂を沸かし、居間に戻ったころには、ぺぺおくんは、自分でオムツをはいていた。
それも、前うしろ逆だしっっ!目

本来はおしりにミッキーの絵があるはずのオムツなのに、おもいっきり前にミッキーの絵柄・・・!!

もう、すべてよし、として、長男から速攻でお風呂に入れる。ダッシュ(走り出すさま)

次はぺぺお。いい気分(温泉)

とどこおりなく頭も体も洗い終えて、最後は次男ぷぷお。

ささっと洗い終え、シャワーですすいでいる途中、なぜか突然熱湯がっっ!!!

(なんでっっ???)

と、振り向くと、ぺぺおが、水が出るほうの蛇口をしめていたっ!!!

かわいそうに、ぷぷおのももは、赤くなっていた・・・。

あ〜〜〜、どこまでも、どこまでも・・・。

こればっかりは、いくら赤ちゃんでわからないといっても、危険なのできつく叱った。どんっ(衝撃)

こればっかりは、しょうがない。

そのあとも、「ママ〜〜!!!」と悲痛な声で私を呼ぶから、なにごとかっっ???っと、心配してみてみたら、自分で肌着を着たはいいものの、2枚も肌着を重ね着したその上から、さらにランニングを頭にかぶり、それも腕のあなに頭をつっこみ、もがいている様子・・・。

「なにやってんの〜〜〜??」 と、脱がせれば、おもしろそうに笑って走っていっちゃったり・・・。

2歳の暴走はとどまるところを知らないのであった・・・。

                       
つづく・・・。



レストラン    ブティック    いい気分(温泉)    眠い(睡眠)    時計    晴れ    わーい(嬉しい顔)    サッカー    パンチ    眠い(睡眠)    猫    電話




今日もお付き合いいただきありがとうございます〜〜〜!!

サランヘヨ〜〜〜揺れるハート揺れるハート揺れるハート
posted by ぽぽこ at 03:05| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。