2010年03月11日

平和を愛する世界人として。

アボジ(文鮮明氏)の自叙伝が出版されて、五ヶ月ほどたちました。
その感動は、国の内外に多大な影響を与えています。

その偉大な思想と実績は、なにものにも揺るがすことのできない功績として讃えられ、人類歴史を変えていくでしょう。

価値観の多様化の時代、いろんな考え方があっていい、と思う面もありますが、真理はいつの時代にも本当はひとつのはずです。

プラスとマイナスが、近づくと互いにひきあうように、また重力によって、上のものが下に落ちるように、時代は変わっても、変わらないものがあります。

統一教会の人たちとかかわった人が、よく言う言葉があります。

「忘れていたものを思い出した。」

「なつかしい気持ちになった。」

「ずっと昔から知っていた人に会ったような気がする。」

そんな言葉をよく聞きます。

みんな心の底に持っているのに、人生のなかで置き忘れてきてしまった大切なもの。

統一教会には、そんなものがあるのです。

言葉で言えば「真の愛」ですが、心で感じてみなければ、それを本当に理解することはできません。

私達にそれを、教えてくださるのが、人類の真の父母、文鮮明先生なのです。


真の愛があれば、皆が幸せになります。

社会制度が変わっても、愛がなければ、本当の意味で幸せにはなれません。

今一度、文先生の心情に出会っていきたいと、思います。


posted by ぽぽこ at 10:50| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子供の叱り方。

子育てをしていると、結構むずかしいのが子供の叱り方。

しかっているのか、怒っているのか、八つ当たりしているのか、自分でもわからなくなる時もある。

なるべく、子供のためになるように、叱るときは声かけをするのだが、時間がなくなったり、あまりにも思いどおりに子供が動いてくれないと、正直イライラしてしまうこともある。

親とはいっても、足りないことも多く、自己嫌悪に陥ってしまうこともしばしば・・・。

なにげなくみつけた子供の叱り方のアドバイスがあったので、貼り付けときます。

子育ての参考までに。


叱る時、やってはいけない10か条
 叱る時に、やってはいけない重要なポイントがあります。場合によっては、取り返しのつかないことになるケ..........≪続きを読む≫


真の愛が根底にあれば、叱っても、怒っても、親子の絆は結ばれると思いますが、子供の健全な成長のためにも、自分の愛の器を拡げていきたいものです。


子育て中のかた、共にがんばりましょう〜〜〜!!!



おやすみなさい〜〜〜。眠い(睡眠)


posted by ぽぽこ at 02:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。