2010年03月11日

平和を愛する世界人として。

アボジ(文鮮明氏)の自叙伝が出版されて、五ヶ月ほどたちました。
その感動は、国の内外に多大な影響を与えています。

その偉大な思想と実績は、なにものにも揺るがすことのできない功績として讃えられ、人類歴史を変えていくでしょう。

価値観の多様化の時代、いろんな考え方があっていい、と思う面もありますが、真理はいつの時代にも本当はひとつのはずです。

プラスとマイナスが、近づくと互いにひきあうように、また重力によって、上のものが下に落ちるように、時代は変わっても、変わらないものがあります。

統一教会の人たちとかかわった人が、よく言う言葉があります。

「忘れていたものを思い出した。」

「なつかしい気持ちになった。」

「ずっと昔から知っていた人に会ったような気がする。」

そんな言葉をよく聞きます。

みんな心の底に持っているのに、人生のなかで置き忘れてきてしまった大切なもの。

統一教会には、そんなものがあるのです。

言葉で言えば「真の愛」ですが、心で感じてみなければ、それを本当に理解することはできません。

私達にそれを、教えてくださるのが、人類の真の父母、文鮮明先生なのです。


真の愛があれば、皆が幸せになります。

社会制度が変わっても、愛がなければ、本当の意味で幸せにはなれません。

今一度、文先生の心情に出会っていきたいと、思います。


posted by ぽぽこ at 10:50| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
ブログでは、お久しぶりですね(笑)

この記事を読んで、心がとってもフワァ〜ってなりました。
本当にそうだと思います!!

なので、私のブログに紹介リンクさせてもらっちゃいます!!

あと・・・
昨日はパン、ありがとうございました!
とぉっても美味しかったです(*^v^*)
Posted by スーさん at 2010年03月15日 18:20
紹介リンクありがとうございます。
恐縮です。
パンは、いつもさんざんお世話になっているので、ほんのほんの気持ちです。
喜んでいただいて、こちらもうれしいです。
ありがとう〜〜〜!!!
Posted by ぽぽこ at 2010年03月16日 02:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。