2015年06月15日

ホ・オポノポノ

こんにちは

みなさんお元気でしょうか?

いろいろなことが起こって、気が滅入ることもありますよね。

私もこのところいろいろなことがあって、めげてしまうことも多くあります。

昔よりもずいぶん強くなったつもりだったけど、ちょっと(?)したことでどっぷり落ち込んでしまったり、しまったり…。

み言は知っていても、当然完成人間ではないので、しょんぼりすることもあります。

だけど、だけど、やっぱり元気でいたいのです。

以前、教会長が礼拝でも語られていた「ホ・オポノポノ」をまた学んでいきたいと思います。

揺れるハート揺れるハート揺れるハート揺れるハート揺れるハート

☆Hanako No 958 マガジンハウス115ページを一般化して抜粋してみる。 

 ここ数年の空前のスピリチュアルブームを経て、いま巷で熱く盛り上がっているのが、「ホ・オポノポノ」。このかわいらしくも不思議な言葉。よく耳にするようになって本を読んでみたら、ものすごく新鮮で、驚くほど軽い気持ちに。

 すごく簡単にいうと「ありがとう」、「ごめんなさい」、「愛しています」、「許してください」という4つの言葉を唱えるだけで、問題解決してくれるという(!)。
たとえば会社にニガテな人がいるとする。
でも、その人を変えようとしなくてもいい。
ただ、この4つの言葉を「その人をニガテだと思う自分の記憶」に語りかけてみる。
「そんな簡単な方法で、人が変わるわけないじゃん!」と思うなかれ。実際に、変化は起きる。

 これはもともとハワイに古代から伝わる問題解決の方法で、現代風に、自分ひとりでできるようアレンジされたもの。
この知恵を、国連やユネスコなど世界各国で伝えている人が、イハレアカラ・ヒューレン博士だ。

実際、ハワイの重度の精神障害者の施設の収容者を、「ホ・オポノポノ」で癒した経験をもつ。
どんなカリスマと!?と思いきや、意外にも、『ふつうの人』の印象。
ご本人も「ヒーラー!?もうヒーラー(治癒する人)なんて必要のない時代だよ」と笑う。
「みんな自分でできるよ」というのだ。
「何より大切なのは自分を愛すること。愛は自分から始まるのです」

「人というものは、もともと完全な存在。ホ・オポノポノをしていくと、誰もが完璧な自分に戻れるんです」

 博士いわく、完璧になった自分自身とは、「ゼロ」の状態なのだそうです。その時に人は愛そのもの、という存在になって、最も必要なものが、向こうからやってくるという。

揺れるハート揺れるハート揺れるハート揺れるハート揺れるハート揺れるハート

みんな幸せになれますように!!!!!


posted by ぽぽこ at 13:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月03日

生きてきて。

ご存じのとおり、今4人の子供たちの育児中なわけですが、子供を育てながら、様々な感慨にふけります。

まず何十年か人生、生きてきて、当然女として生きてきたわけですけど、子供を産んで育ててみて、『女性』っていうのは、すごいな、と思います。

自分のお腹の中に、赤ちゃんという、まったく新しい命を懐胎することができ、それを地上に産み出すことができて、それをまた、自分の乳で生育させることが出来る、その立場。

人間が人間として、何千年も何万年も、当たり前のこととして続けて来たことだろうけれど、
自分がその立場に立ってみて、実にその事実が偉大なことか、と、つくづく感じます。

“自分”が、というのではなくて、『女性』に与えられたその立場が、有り得ないほど貴重なのだと。

『人間』は誰ひとりとして、『女』の胎を通さずしては、産まれてこれないってこと。


これって、すごいことでしょう!!!

神様はそういう器官、機能を『女性』だけに与えて下さった。

人間として、何十年生きても妊娠、出産を経験しなければ得られないこの感覚。

それも女性限定の特権!

男性には、男性にしかわからない、人生の良さもあるんだろうと思うけど、『人間』が、自分のお腹で生育する、という経験は、世の中がひっくりかえってもできないもんね!


『女』ってすごいでしょ!!!

男女同権とか、女性の社会的位置向上とかも、格差の大きい世の中では必要なことだけど、

女性は女性として、生まれながらに有り得ないほど高い位置を神様から与えられているってこと!

そんなことを、我が胎から産まれし子供に乳を与えながら、つくづく思います。

日々忙しかったり、自分の時間も何もなかったり、子育て中はいろいろあるけれど、『人間』=『神の子』を生育する重大な役割を与えられたものとして、日々精進、努力していきたいと思います。


猫 猫 猫
posted by ぽぽこ at 00:12| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月04日

うまれること。

い、いつもながらぜんぜん更新できてなくてすみません!!!

これじゃあ、時々ぽぽこならず、まれまれぽぽこじゃないか〜〜〜!!

と、自分でも思います。

それでも、お付き合いくださる方は、どしどし立ち寄ってくださいませ〜〜〜。


前々回のブログ中でもお伝えしましたが、4月に女の子出産しました。

ご存知のとおり、上が3人男の子なので、女の子も育ててみたい、けど、もうタイムリミットかな〜〜〜たらーっ(汗)とあきらめかけていたところに、ぽよんと授かりました!!!

押しも押されもせぬ、正真正銘の高齢出産です!!!

かなりMAX超えています。

妊娠中は、これをテーマにブログを書いたら、いいネタになるな〜・・・、と思いつ、もしなにか事故があったら客観的に文章を綴りきれない・・・と、自分にはさすがにネタにはできませんでした。

しかし、神様、父母様、ご先祖様、多くの皆様の祈りの中で、お蔭様で小さいかわいい女の子出産することができました。

ありがとうございます。

自分だけを見れば、4人もの子供をこんな私が人間として、神の子として、立派に育てあげられるんだろうか、と不安もいっぱいですが、こんな私に尊い命を授けてくださった事実に感謝して、夫にも子供たちにも侍りながら、足らない母業(というより養母業)を果たさせていただきたいと思います。


そして、30を過ぎても、40を過ぎても、大丈夫ですよっっ!!!、と言いたい。

これから祝福を受ける姉妹たち、家庭をもつ姉妹たち、それぞれ事情はちがうかも知れないけれども、まだまだ大丈夫です!!! 
 自信を持って!!!  

尊い祝福の子女を産み増やしていきましょう!!!



生めよ、

ふえよ、

地に満ちよ、
 
地を従わせよ。

また海の魚と、空の鳥と、地に動くすべての生き物とを治めよ。


(創世記1:28)





揺れるハート   揺れるハート   揺れるハート   揺れるハート   揺れるハート   揺れるハート   揺れるハート   揺れるハート   揺れるハート      
posted by ぽぽこ at 02:40| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。