2010年10月24日

今日も詰め放題!!

今日は近所のスーパーがセールだったので、朝少しだけ!と思って、子供達が遊んでいるスキにスーパーへ走った。

目的のものをぱぱっと買って、すぐ戻ろうと思ったけれど、あれやこれや普段よりかなり安い。

もうちょっとだけ、といくつかの品物をカゴに入れた頃、他のお客さんのカゴに、ウインナーがいっぱいに詰め込まれたビニール袋が見えた。

(あっ、ウインナー詰め放題だ!)

子供達の大好きなウインナーを一度に大量に仕入れるチャンス!

これまでも何度か買ったことがあるが、なにかと重宝なウインナー。

冷凍しておけば結構もつし…。

いざ目的の売場へ!

大きな冷凍庫の周りにはおばさんたち?が、備え付けの手袋をして、ウインナーを袋にせっせと詰め込んでいる。
場所を確保するのも容易じゃない。

手袋と所定の袋を手にし、なんとか自分の場所を確保して、いざ戦闘開始!!

いつものように、なにげなくビニール袋を中から伸ばす。

(あっ底が少し破れた、どうしよう…、まぁいいか、)

などと考えつつ、詰め込みを始めた。

曲がっているウインナーだとたくさん入らないので、なるべくまっすぐなのを選ぶ。

まず底に一段。縦になるべく隙間が開かないように、固く凍ったウインナーでさらに袋を伸ばしながら、詰め込んでいく。

隣のおばさんが、ほぼ詰め込みを終わった辺りで、
「袋がやぶけちゃった、だめよね〜?」
などとなにげなく話かけて来た。

破れ、と言っても、ビニール袋の上の方が裂けただけだったので、

「大丈夫ですよ。」
と答えた。

「大丈夫かしらね?」

「大丈夫ですよ。」

「あなたを信じて…、」

なんて何度かやり取りした後、

「やっぱり詰めなおそう。」
と、おばさん。

(やりなおすのか〜。)

内心、大丈夫じゃないかな〜?、と思いつ、さして気にもしないで私は自分の詰め放題に専念。

他のおばさんに、「いくつぐらい入ったの?」、と聞かれたから数えてみた。

一段目と、二段目と、合わせて36本。

気持ちとしては40本までいきたいけれど、目一杯詰め込んだビニール袋に、それ以上入りそうにない。

そこまでで引きあげようとした私に、隣で二度目の詰め込みに挑戦していたそのおばさんが、どこから取って来たのか、自分のポケットあたりからおもむろに、スーパーでもらえる半透明の小さな、(でも所定の袋よりも大きい)袋を取り出して、
「これに入れなさい。」

と、私に差し出した。

(えっ、でも所定の袋じゃないとまずいんじゃ…、)
そんな私の戸惑いをよそに、おばさんは、

「大丈夫、大丈夫!」 

と、さらに私に促す。

(ほんとに大丈夫かな〜?)

と思いつ、おばさんのいきおいに押されて言われるままに所定の袋ごと、ウインナーをそのポリバックに入れた。

そしたら、なんと、そのおばさんは、そのポリバックの中に、バラバラとさらに4〜5本のウインナーを投げ入れたのだ!!

(ヒェ〜ッ!それってルール違反でまずいんじゃないの???)

私の戸惑いをよそに、おばさんは、
「大丈夫、大丈夫。」
と、平然としている。

まだちょっと戸惑いながら、気持ちだけでも、とおばさんが投げ入れてくれたウインナーを、所定の袋に入るように差しこんでみる。
(これ以上は無理)、と思ったので、おばさんに一言お礼を言って、売場を離れた。

レジにいくと、長蛇の列。
いつもとは全く違うレジの込みよう。

しばらく待って、やっと私のレジの番がまわって来た。

詰め放題の商品を、所定の袋以外の袋でさらにおおっている状態だったので、レジの人に、チェックされるんじゃないか、とちょっと恐れつつ、品物がレジを通るのを待っていたけれど、超忙しい今日のレジの女性は、そんなことにはおかまいなく、他の商品と同じようにバーコードを読みとっていた。

あふれんばかりのウインナーは、おとがめもなく無事スルー。

(おおっ、よかった〜!)
おばさん、ありがとうっっ!!

結局、買えたウインナーは全部で41本!!

40数を超えて、なんと神がかり!

またもや、詰め放題で、愛されてしまった。

いいとこだね、ここって。

ところで、なんだか今夜は月がめちゃめちゃきれい。
詰め放題と名月って、関係あるのかしら…?

なぜか前回も月がきれいな日だった。

月のパワーが、人の心もきれいにしてくれるのかな?

詰め放題楽しいですね。

またやろう。

おやすみなさい。

(-.-)zzZZ
posted by ぽぽこ at 04:46| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月06日

無縁社会。

「無縁社会」という番組のこと、よく教区長から礼拝で聞いてはいましたが、昨日はじめてテレビで見ました。

以前の放送終了後にも、多くの反響があり、「ひとごととは思えない」という30〜40代のひとからの2ちゃんねるやツィッターへの書き込みが殺到したそうです。

一人で死ぬこと、「孤独死」。

自分も、教会に来る前にはそういう恐れを漠然と感じていました。

結婚して、子供を産んだとしても子供との心のつながりを作れなくって、寂しい老後を迎えるんじゃないかって・・・。

ひととの繋がりが、どこか空虚でそらぞらしいものになってしまいがちな気持ちを感じていたから・・・。

人生どう生きるか、はそれぞれ自分の勝手のようにも思いますが、死を迎える時に、どういう人生だったかが、浮き彫りにされるような気がします。

一度きりしかない人生、どう生きていくのか、

どうやったら孤独な死を迎えずに済むのか、

寂しい人生だった・・・、で終わることのないように、自分の人生で何が本当に大事なことなのか、明確にして生きていきたいと、本心ではだれもが思っているはずなんだけど、それがどこにあるのかわからないから、虚しい気持ちのままで過ごしてしまうんだと思います。

日本人は、戦後ものすごくがんばってきたと思います。

なにふり構わず、戦後焼け野原になった日本を復興させるために、がんばってきた多くの方々の話も聞いてきました。

おかげで経済大国にはなったけど、だけどやっぱり、今となっては失ったもののほうが多いように思います。

もう一度本心に立ち返って、謙虚な気持ちで真実を求められたら、全ては準備されているのに・・・。

神様は親であることを教えてくださるかたのもとにいけば、すべては解決するのに・・・。

神と人間は親子である、と究極の真理を解いてくださったかたが、すでに地上におられますから、心を空しくして、真実の声に耳を傾けるかたが多く現れますように願っています。





久々の更新です。
読んでくださった方、ありがとうございました。


かわいい   かわいい   かわいい   かわいい   かわいい














posted by ぽぽこ at 13:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月11日

大好きな詩。

私もずっと前に読んで、涙した詩、ここに載ってたんですね!

ありがとうございます!!!


ブログ「神様は確かに生きておられます!」
http://d.hatena.ne.jp/ucadachi/20100428/1272446411



untitledバラ.bmp



そうっっ!!

神様は確かに生きておられますっっ!!!


かわいい   かわいい   かわいい   かわいい   かわいい   かわいい   かわいい   かわいい   かわいい   


posted by ぽぽこ at 04:13| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月29日

お元気ですか?

このごろは、日が昇るのもはやくなってきました。
外から、鳥のさえずりが聞こえてきます。

道を歩けばバラの花がそこかしこに咲いています。

バラは高級な花のように思うけれど、意外に身近に咲いていて、重なった花びらのボリュームや、微妙な陰影に、目も心も満たされていくようです。


imgae74a498zik0zj.jpg


ゆりと並んで、天国の花といわれるバラの花、姿も色もにおいも豊かに与えられていて、神様の創造のみわざのすばらしさを感じます。

先日ある人と話していて、「神様はいない」って言われました。

その人は、その人なりにある信仰を持っていて、私にそれを熱心に教えてくれました。

人が持っている信仰のことをとやかくいうつもりはまったくないですが、信仰を持ちながらも、神様の存在を知らない人もいるんだ、という事実にとても驚きました。

十代の時に神様を実感して以来、全ては神様によって創られ、生かされているんだ、と感じて来た自分にとっては、今は「神様はいるのが当たり前」、になっていたのですが、彼女との話を通して、「神様なんていない」、と思っている人のほうが、実際日本には多いんだろうな・・・、と、気づかされました。

神がいるかいないか、このことは、人の人生観に大きな影響を与えると思います。

「神の見えない性質、すなわち、神の永遠の力と神性とは、天地創造このかた、被造物において知られていて、明らかに認められるからである。したがって、彼らには弁解の余地がない。」
 ローマ人への手紙 一章20節

聖書にはパウロによって、このように記されています。

先進国と呼ばれる国の多くがキリスト教国家であることを思うと、日本でもせめて、常識の範囲でいいから、聖書なり、世界の主要な宗教なりの教理を、教育現場でももっと深く学ぶ必要性があるのではないか、と思います。

「日本の常識は世界の非常識」、ともよく言われます。

今のままでは、いつまでもそういわれると思いますし、世界とのズレはますます大きくなっていくように思います。

正しく神を知ること、神がいるという観点から、正しく物事を見つめ、正しく歴史を認識すること、それらのことがもしできれば、混乱を極める今の様々な問題を解決する糸口がみえてくると思います。

posted by ぽぽこ at 07:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月06日

映画「クロッシング」

「クロッシング」という映画、公開中だそうです。
北朝鮮から脱北した父親と少年の話。
是非観てみたいと思いました。





http://www.cinematoday.jp/movie/T0007023
posted by ぽぽこ at 12:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月07日

銀座でアボジにあえる!!!

ついに、銀座の大型ビジョンでの動画、You Tubuでも登場です。





これで銀座四丁目交差点で毎時放映されている、アボジ(文鮮明師)の自叙伝の映像が、世界中どこででもみられるようになりました。

アボジと今この時代を共に生きていることが、どれだけ貴重なことでしょうか!!

ぜひひとりでも多くの方に自叙伝を手にとっていただいて、共に、真に平和な世界を築いていきたいと願ってやみません。


この時代に生まれあわせたことに感謝します。



かわいい     かわいい     かわいい     かわいい     かわいい     かわいい     かわいい     かわいい     かわいい    かわいい  






posted by ぽぽこ at 02:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする